グンベズクル4700M 登頂成功! パミールの絶景はすぐそこに

公開日: : タジキスタン

ランキング再参加しました 笑
応援頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


2013年9月2週目 

一つの決断をしました。昨日よりも少しは体調が良い。 
これなら登れるのではないか?と。 

待ちに待ったタジキスタン登山。 
世界2周目で絶対にやると決めていた事。 

グンベズクルはムルガブから30分ほどオフロードを進んだ所にある山です。
独立峰より連峰の方が好きな僕にとっては好立地。 
遊牧民の移動式テント(ユルタ)を右手に見ながら登山開始。 

珍しくガイド無しでの単独行動。 
少々不安もよぎります。 

まだ夏の陽気が残るパミールですが、
標高4000Mを越えてくるとさすがに勝手が違う。 
寒い。 

気温は一桁。 
しかし、川の水は凍っています。

遊牧民が移動するために使う山で
その足跡を追っての登山。 
夏場はグンベズクル山付近にユルタを設置。
冬場は地元の村に帰る。  
言葉は悪いですが「旅人が憧れる」生活をしているわけです。 

日帰り登山とは言え、登るのにはかなり苦労しました。
「雪」が積もっており、トレイルは隠れています。 
どの道を進んだらいいのか分からなくなり、不安になります。 
素人登山者が単独で登るというのはリスクがあるのだな と。 

角度50度くらいあるのでは? 
と思うような斜面を登ること2時間。 
無事に山頂に。 
激しい突風に吹かれましたが、爽快感は半端ない。 

天気も快晴。 
透き通る空の色が僕の心を晴らしてくれます。 

今日は単独登山。山頂には好きなだけ滞在できます。 
重い三脚を運んできたので自分の写真を撮影。 
やっぱり一眼で自分の写真を撮りたい。 

完全自己満足のために三脚持参です。 

山の麓まで送ってくれたドライバーが
「そんな荷物置いて行け」 
と言うのですが、そうも行かないのですよ。 

結局グンベズクル山頂には1時間の滞在。
お昼ご飯もここで摂取。 
山頂で食べるご飯ってなんでこんなにおいしいのでしょう? 
漫画「岳」で男飯と称して山で美味しそうなおにぎり食べていたのを思い出します。 

ラダックで5000M近くの場所に1ヶ月ほどいたこともあってか
高山病にはならず。 
素敵な登山。 

下りはそのまま山を越え反対方向に抜けます。 
下った先にはまたユルタ。 
放牧していた牛、ヤギが僕を囲みます。 
そして見張りの犬。 

その犬が僕に飛びかかります。 
これだから犬は苦手。 
そういえば前回の世界一周でも10回以上犬追いかけられました。。 

ユルタからおばちゃんがでてきて
「メッ!」 
と一喝。 

犬は尻込みします。 

おばちゃんは僕に手招きし、ユルタの中に案内。
軽食を御馳走してくれる事に。 
遊牧生活において貴重な食材を突然立ち寄った旅人に振る舞ってくれる
その優しさ。 
そしてなにも返すと事ができない苦しさ。 

ヤギのバター、牛乳をいただき、雑談。 
良い時間を過ごしました。 

おばちゃんの手は「あかぎれ」だらけ。
もう数ヶ月以上放置しているのでしょう。
キズも深い。 

僕はバンドエイドを上げました。 
はにかむオバちゃんを見て少しホッとした自分が。 

こうして見渡す限りの絶景を見ながらムルガブに戻ります。 
ユルタから1キロ進んだ所には轍が。 
時折、車がくるのでしょう。 
そう言えばユルタの中にラジオ、コンポ、発電機、ドラえもんのTシャツもありましたね。村に戻れば現代的生活。 
夏場はユルタで生活。

もし現地語(キルギス語)が話せるなら
かれらが遊牧生活と現代的生活についてどのように感じているか聞きたいです。 

<ウィーリー的旅情報> 
・グンベズクル登山は日帰り可能です。 
しかし、1泊2日で近場のユルタでステイしたらもっと楽しめると思います。
・グンベズクルからムルガブにかけて、川沿いの景色は桃源郷。
コバルトブルーの川に黄金の麦畑。絵画のような世界です。
・ムルガブでドライバーを見つけてください。ヒッチハイクは厳しいと思います。
 

 

関連記事

ドゥシャンベを歩く

2013年9月3週~4週目 パミール・アフガンを終え地獄の移動を終えた先。タジクの首都ドゥシャンベ。

記事を読む

収穫祭で民族衣装

2013年9月末 「何も無い」と言われる町でも「何か特別なイベント」が1つでもあると充実します。 こ

記事を読む

パミール高原に向かった激動の日

2013年9月2週目 パミールを体験したい。 パミールの山を感じたい。実現するのか今日。ドキドキです

記事を読む

パミール縦断

2013年9月2週目 早朝5時起床。 今日はついにパミール縦断の日。 やってきた。やってきた。 氷点

記事を読む

タジキスタンで一番寒い村

2013年9月2週目パミール、パジェロチャーター。快適です。 タジキスタンで一番寒いと称されるブルン

記事を読む

ついに完結 パミール横断

2013年9月2週目 ランクルチャーター最終日。 ヤムチュンを出て山岳バダフシャン自治州の州都ホログ

記事を読む

山岳バダフシャン自治州の州都ホーローグ

2013年9月3週目 パミールを終え、ホーローグでアフガニスタンのビザ取り。 意外にもスムーズに行き

記事を読む

ワハーン回廊に突入。対岸にはアフガニスタン

2013年9月2週目 パミール高原から向かう先はワハーン回廊。パミールに次ぐタジクのメイン。 パミー

記事を読む

大自然の美しさとはこういう事か

2013年9月2週目 登山翌日、案の定再び発熱。 体がフラフラです。 この日はのんびり。 宿を変え、

記事を読む

ムルガブ こういう場所に来たかった

2013年9月2週目 憧れのパミールを堪能中です。 ムルガブ近郊では登山をする予定です。 そのドライ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

祝 定住2年目

こんにちは。 2014年末に帰国後、かなりバタバタしていましたが

記事掲載のお知らせ

こんにちは。 僕の旅記事をTRiPORTさんが掲載して下さりまし

世界2周目を終え、1年経過。 自分は何を得て、失っているか

こんにちは。 本日2015年11月1日にて世界2周目から帰国して

自分の心が動いた風景を絶景と呼ぶのでしょう 〜紅葉の富士見台高原〜

こんにちは。 帰国してそろそろ1年になります。 昨年の今頃、マ

日本の自然は美しかった 〜燕岳〜

こんにちは。本日は中秋の名月とのこと。 月をみる余裕がでてきた今日こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑