竜血樹はソコトラ島だけではないのです

ランキング再参加しました 笑
応援頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


憧れの植物 がありました。
それが「竜血樹」。 
イエメンのソコトラ島の竜血樹が有名ですが
僕の狙いはテネリフェ島の竜血樹。 
これを見るためにテネリフェに来たのです。
(ここら辺の島にはそれぞれ固有の竜血樹があるので
島ごとで比較してみても面白そう) 
ラグーナからバスに乗る事1時間弱。
イゴット。 
ここに「欧州最大の竜血樹」があるのです。 
バス停から歩いて5分ほどの場所にある
竜血樹。 
一目見て、 「!!」 
ついにこの目で見てしまった竜血樹。
実は周囲が植物園になっていて入場料を払わないと行けないのですが、
セントロの教会西側からじっくりと観察できます。 
しかし、どうしても近くで見学したい僕は
躊躇無く植物園に。 
巨大な竜血樹だけではなく、子供の樹も。 
他にも固有種がちらほら生えています。 
たまりませんよ。ここ。 
実は町の街路樹もたまに
竜血樹だったりします。 
散策が楽しいテネリフェ。 
イエメンにも再訪したくなりました。。 
ソコトラ行けるかな。。 
<旅情報> 
イゴット到着までの海岸線の景色がきれい。
右手に広がるバナナ園はなかなかのもの。
左手に突如綺麗な形の竜血樹が現れます。
時間的に厳しく見学できませんでしたが、
イゴットの樹よりも気になりました。 

 

関連記事

期待の島国 カボべルデに入国

中学生1年生の時、世界地図を毎日眺めていました。特にギニア湾沿いの国々の首都を覚えるのが好きだっこと

記事を読む

スペイン最高峰に登れるか!?

スペイン最高峰がカナリアにあります。テイデ山。 登山するぞ と意気込み登山許可証まで取得したのですが

記事を読む

テネリフェ島に広がる美しい町並

テネリフェ島の海岸をバスで走ります。気候は20°前後。日中は汗ばむ感じです。欧州で「冬」を感じていた

記事を読む

カーボベルデ最高峰 登頂

カボヴェルデ訪問の最大目的はフォゴ島登山。 各国最高峰を登りたい それだけです。 昨年7-9月にかけ

記事を読む

アッソマーダの水曜市とタラファルのビーチ

ザ・アフリカのマーケット と称されるアッソマーダのマーケット。 マーケットが「観光地」と称されるのは

記事を読む

カナリア諸島から新年旅

世界2周目の旅、バーレーンの後はバルセロナを経由してアフリカへと向かっています。 ヨーロッパに関して

記事を読む

Rui Vaz という秘境じみた山の村

首都プライアから日帰り観光。 この日はRui Vazへ。 スクーパマーケット前から出ている乗合バンに

記事を読む

グランカナリアにある特徴的町並とは

テネリフェ島を後にして向かった先はグランカナリア島。目的はもちろんあります。 当日の天候で決めようと

記事を読む

カーボベルデでの日々

フォゴ島滞在を終え再びフェリーで戻ります。 例のゲロ船。 今回も多くの被害者がでました。 船内は凄ま

記事を読む

Comment

  1. keiichiro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    う、羨ましいです~
    テレビや、ネットでしかみたことないですが、私もいつかこの眼で観てみたいです~^_^

  2. ウィーリー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >keiichiroさん
    僕もついにこの目で見れてとても感激でした! 
    世界でも日本でも 「自分の目で見る」ということが大切だな~ なんて思いました! 
    お仕事でも現場主義 が大切ですもんね~。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    コメント残させて頂きます、東京在住36歳森和章です!たまたま訪問したのですが、せっかくなのでコメントさせてもらいますね!アメブロを始めてそこまで経っていませんが、ブログを通じて交流できれば嬉しく思います!ブログを通じて様々な交流が取れるようになれれば嬉しく思います!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

祝 定住2年目

こんにちは。 2014年末に帰国後、かなりバタバタしていましたが

記事掲載のお知らせ

こんにちは。 僕の旅記事をTRiPORTさんが掲載して下さりまし

世界2周目を終え、1年経過。 自分は何を得て、失っているか

こんにちは。 本日2015年11月1日にて世界2周目から帰国して

自分の心が動いた風景を絶景と呼ぶのでしょう 〜紅葉の富士見台高原〜

こんにちは。 帰国してそろそろ1年になります。 昨年の今頃、マ

日本の自然は美しかった 〜燕岳〜

こんにちは。本日は中秋の名月とのこと。 月をみる余裕がでてきた今日こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑