世界2周目を終え、1年経過。 自分は何を得て、失っているか

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 日常のつぶやき

ランキング再参加しました 笑
応援頂ければ幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

本日2015年11月1日にて世界2周目から帰国して、まる1年です。

まず、この1年を振り返ります。

帰国後1ヶ月・・・

 

何をして良いか分からない状況+貯金もない(8万円弱)のため人にも会えない状況。社会的基盤がなく、無駄に焦る。なにか世間に取り残された感覚が生じていた。

 

2014年11月末〜翌年2月末・・・

家族の介護。自分が旅をしている間に家族がここまで疲弊していることに気づいた。

一種の罪悪感を感じ、少しでも家族のためになる事は何か?を真剣に考え実行。認知症、老人ウツ、家族の取り組みなど出来る限りの取り組みをした。

 

2014年11月末〜翌年2月末・・・

当時、本気で老孫介護を決意し、実家から働ける場所を模索。決断に迫られた。家族の中に「介護放棄」をする者もいたため、しわ寄せが私にくる。 しかし、自分は3年半もの間、家族の事を考えず仕事もせず海外をプラプラしていた。その自責の念が自分を動かした。

また、ちょうど3月頭から認知症のため、家族を施設に御願いする事が決まり、少し平穏になった時期でもあった。 いつでも家族の地に戻れるには名古屋はベストチョイスだった。

 

2015年3月〜現在・・・

 

実に3年ぶりの社会復帰。日本社会に慣れるのに相当苦労する。全然慣れない生活が続く。3年のブランクというのは本当にキツい事を体感。基本的なビジネススキルを持たぬまま20代を旅に使ってしまった という後悔の念が非常に強い。

もちろん、20代前半に旅をすればこうなることはある程度想像はできていたが、それ以上に旅(世界中を歩き回りたい)という気持が強かったのだ。 旅業界の有名な言葉に「豊かな青春・惨めな老後」というのがある。このままだと一直線だ。

一方で、帰国後、実家に半年程お邪魔したのだが、色々家族と話す機会があった。

あまり裕福とは言えない家庭の中で自分を大学院まで行かせてくれた家族。各自が抱えている病気の事など。
30代になって初めてその事実に気づいた自分が情けなく思う事もある。

自分が旅で得たものは何だろうか?そんな具体的な事はなかなか出てこない。ただ、自分の好奇心に任せて突っ込みたい所を進んで行っただけだ。その中で、山歩き・生態観察という自分の趣味に重きを置き突き進んだ。

旅をした事を後悔しているか?ためになっているか? 今をそれを自分自身に問いかけても答えは出ない。
超安定路線(理系大学院卒⇒社会人)というルートを捨ててまでするべき事だったのか?

もちろん答えなどない。

後30年以上は働きます。その中で自分の旅の経験が生きるか否かは自分の考え次第。

「思考は現実化する」とは良く言ったものだ。大まかに当っていると思う。

 

とりあえず、スペインで日本人に騙され失った貨幣、南アフリカで盗まれた材、マリの締め強盗に失った材を取り戻すべく、私に手を差し伸べて下さった方に返す。

長期旅行とは巷で言われている程楽で、簡単なものではない(そりゃインターネットの普及/技術・インフラの発達で昔よりかは簡単だとは思うけど)。それほどまで世界2周目はつらい経験が多かった。

後ろは振り向かずして、前を向く。これしかない。思い出を振り返るのは寝たきりになってからで十分だ。

僕は余裕ができたら自分自身の「旅ファンド」を作ります。
お世話になった方々に少しでも還元できるよう、活動したいのです。

自然を大切にして、人を大切にして今後の人生歩んでいけたらなあ と考えてます。

 

さて、長くなりましたが、これが帰国して1年経過した現在の心境です。

 

最後に旅中 感極まる程感動したインド・ストックカングリ6123Mの写真。

散々自分をバカにした人間を見返してやる という考えを持ちながらの登山であったものの、

一歩一歩進むに連れ、そう言う気持は完全に消えました。
ただ、目の前にある目標に向ってひたすら登り続ける。

山頂になびくタルチョを眺めながら、人生史上最高の景色をこの目で見れた事は財産かな? と思っています。

ここまで心がスッキリとした瞬間はなかったかもしれません。
今後の人生もまだ始まったばかりです。

それでは。

P8120029

 

関連記事

自分の心が動いた風景を絶景と呼ぶのでしょう 〜紅葉の富士見台高原〜

こんにちは。 帰国してそろそろ1年になります。 昨年の今頃、マダガスカルで固有種を追いかけて

記事を読む

no image

キューバにて

どうもどうも。 きゅーばです。 ねっとが高い!! 30分300円ほど!! ということで こうしんは

記事を読む

プチ国際交流~!!

どうもどうも! 今晩は職場の方のご自宅に訪問してきました! 彼女のご主人はベナン人です!  前々から

記事を読む

no image

次回更新予定

おはようございます。  リアルタイムでございますが、明日9時にオーストラリアに向かいます。 そのため

記事を読む

「普通」の休日です

どうも! 久しぶりに普通の休日です。どこにも行かず、誰とも会わず。 洗濯して、布団干して。 もうすぐ

記事を読む

no image

ブログランキングが急浮上!?

どうも! 旅モードがそろそろ全開になりつつあります。  いつもご閲覧ありがとうございます!!  今日

記事を読む

no image

グルジアに入国!

昨日グルジアに入国しました。 トルコのトラブゾンという街からおよそ12時間半。 今回の旅で最長でした

記事を読む

no image

終焉の地 メキシコシティ

とうとう 最終目的地 メキシコシティ に来てしまいました。。 早すぎる。。。  と感傷に浸る場合では

記事を読む

憧れのフンザに到着

2013年8月末 ギルギットを出てついに長年の憧れフンザに到着です。 (フンザとはエリアの名前で、正

記事を読む

no image

ベリーズバリアリーフで泳ぐ!!

どうもどうも。 泳いできました!! 見れました!! エイ、サメ、ウツボ、カメ等々!!!! ウツボに気

記事を読む

Comment

  1. くまた より:

    はじめまして。
    私は大学を休学して夏までひとり旅をしていました。
    来年就職活動でウィーリーさんの働いてらっしゃる業界を志望しているのですが、とても体育会系ということで少し不安を感じています。
    良かったら業務や職場の人間関係など現実はどうなのかをもっと詳しく教えて頂けたらと思いコメントさせて頂きました。
    よろしくお願いします。

    • ウィーリー より:

      コメント有り難うございます。 なかなか、ハードな業界ですよ。体育会系というのは間違いありません。 ただ、社会人として学ぶべき所は多いです。
      あまり赤裸々にかけないので個別メッセージにメールを頂けましたら御対応させていただきます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

祝 定住2年目

こんにちは。 2014年末に帰国後、かなりバタバタしていましたが

記事掲載のお知らせ

こんにちは。 僕の旅記事をTRiPORTさんが掲載して下さりまし

世界2周目を終え、1年経過。 自分は何を得て、失っているか

こんにちは。 本日2015年11月1日にて世界2周目から帰国して

自分の心が動いた風景を絶景と呼ぶのでしょう 〜紅葉の富士見台高原〜

こんにちは。 帰国してそろそろ1年になります。 昨年の今頃、マ

日本の自然は美しかった 〜燕岳〜

こんにちは。本日は中秋の名月とのこと。 月をみる余裕がでてきた今日こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑